今年度の行事企画部会は、部員が大きく入れ替わったスタートとなった。比較的に若いメンバーが集まり、部長も代わった中で、毎年恒例となった「園長祝い」「感謝の集い」「ドン・ボスコ祝い」「激励会」の4つの行事をどう運営していくかを一つひとつ話し合いながら進めてきた。
1. 園長祝い
6月19日(土)に実施。今年度も恒例となっている園長先生の似顔絵コンクールをメインイベントに行なった。また、今年度は園長先生へのプレゼントとして、園長先生を中心に全員で集合写真を撮影した。立食パーティーでは、例年通りお寿司屋さんに皆の前で握っていただき、他の料理についても各園舎で分担して作った。皆が笑顔で楽しめる手作りのパーティーができあがった。
2. 感謝の集い
11月13日(土)に実施。昨年度は新型インフルエンザの影響で子どもたちによる演劇ができなかったが、ご参加くださる皆様からの要望も多く、昨年度の分もと意気込んで演劇を行なった。有志の子どもたちは、低学年の子ばかりではなく、高学年の子もいて、皆遊ぶ時間をさいて練習に励んでくれた。そして、本番では練習以上の演技で大成功を収めることができた。本当に子どもたちの秘めた力を感じさせられた。
3. ドン・ボスコ祭
1月29日(土)に実施。第7回ドン・ボスコ杯では例年通り園舎対抗のキックベースボール大会と、高校生対職員のサッカー対決を行なった。どの園舎も懸命にプレイし、園舎のまとまりを強める良い機会となったように思う。サッカー対決では、好ゲームになると思いきや、高校生チームの実力に職員チームの歯がたたない結果となった。夜はカレーパーティーを行ない、各園舎がさまざまなカレーを作り寄りお腹いっぱいカレーを食べることができた。皆の食欲にカレーが足りなくなるほどであったが、今年は要望のあったナンを多く用意し、好評であった。