1. 東京サレジオ学園の養護理念は「受容と傾聴」「支持的かかわり」である。これは職員がアッシステンツァ(寄り添う)の心で子どもの安心、安全な生活を作りあげていくことを求めている。職員は子どもたちのさまざまな表現の中から大事な願いに気づいて、子どもたちが受け入れられ、大切にされている実感をもてるようにしたい。
大切にされていることは子どもたちも実感していると思う。職員もそのことを感じ取りながら関わってきたと思う。安心・安全な学園生活を目指したが、十分であったかどうか、反省が残った。

2. これまで学園が行なってきた子どもたちへの支援の質を高めつつ、収支の均衡に意を用い、理事会、経営改善委員会とともにスタッフ会議を中心に経営改善に取り組む。
この1年、経営改善に取り組んできたが、目標達成には及ばなかった。しかし、皆で取り組み、検証を重ねたので今後の改善に向けては道筋ができたのではないかと思われる。まだ踏み込んでいない部分もあるので今後も経費削減に努めたい。

3. 専門機能強化型児童養護施設として実施計画を定め、実施する。顧問精神科医による児童のケースカンファレンス及びスクリーニングによる早めの検査治療対応を行なう。また、施設運営向上事業として職員が「愛着の器」になる処遇スキル向上のために「愛着再構築プログラム」研修を今年も引き続き実施する。またその他に今まで続けてきた園舎のよりよい養育環境を作り上げていくために、施設心理士や専門家による職員のグループスーパーヴィジョンを併せて実施していく。
年間を通して着実に実施され、成果を上げてきた。「愛着再構築プログラム」研修は年度の後半に実施されたが、年度の後半よりは前半の方が余裕をもって実施できるのではないかと、2013年度に申し送りをした。