今年度も担当園舎職員を主軸としたアフターケアを自立支援コーディネーター、園長、ファミリーソーシャルワーカー、心理職員などと協力して行なった。自立支援コーディネーターが配置されて数年経ち、子どもたちの中にも外部のかたがたにも認知が進み、協働しやすくなり、サポートもしやすくなった。同時にアフターケアには終わりがないこともあらためて実感させられた。
  卒園生も日々の業務に忙しい現場の職員に些細な疑問を聞くのも憚られたり、卒業して数年経つと遠慮も出て来たりするが、対応できる職員が複数いるので、現場の職員以外にも連絡できるということは安心材料の一つになっているようである。しかし、それと同時に担当園舎の職員との愛着、信頼関係は、やはり特別なものであるのだとつくづく感じる。
  「一人暮らしをしたら自分が予想以上にこなせて驚いた」「学園で食べた献立が懐かしくなって作ってみた」「昔は反抗してごめんなさい。見捨てないでくれてありがとうございます。本当に御世話になりました」などと心から感謝を伝えてくれる子どもたちがとても多いのは大いに励みになっている。卒園したばかりの子どももかなり昔の卒園生も、就職や転職、結婚等の人生の節目に自ら連絡をくれる。そうしたつながりを今後も大切にしたい。
  毎年12月24日に学園で行なわれるクリスマスミサとパーティーには、卒園生のための集まりを開いている。毎年思い出話に花が咲くが、当時の職員の些細な言動もみんな覚えており、大人の姿が子どもたちに与える影響の大きさについて考えさせられる。夏のキャンプや冬のスキーなどはやはり何年経っても大切な思い出らしい。職員の努力も報われる思いがする。
  私達の仕事は一朝一夕で成果が出るものでもなく、正解もない。学園にいる間に大人たちの想いが伝わらなかったとしても、いつかきっと理解してくれることを信じ、ささやかながら彼らの成長の一助になれたらと切に願う。
  卒園生の健康と幸せ、社会での活躍を心から祈りつつ、今後もサポートを続けていきたい。
 
▲ページ最上部へ